スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIRVANAというバンド

こんにちは

今日は書くことがないので、久しぶりに洋楽のことでも書きましょうかね
ということで、興味がないお方はスルーして下さい、むふふ

とりあえず、自分が今まで聴いてきた洋楽のROCKの流れを先に書きましょう

一番最初は、中三の時に友達に「SLIPKNOT(スリップノット)」というアメリカのデスメタルバンドを聞かされる
あまりにも影響を受けた自分は次の日にはCDショップへSLIPKNOTのCDを買いに行く
その次は、当時流行っていたリンプやリンキンといったミクスチャー系を聴きはじめる
がしかし、最初に聴いたSLIPKNOT程の衝撃は受けなかった
しばらくして、運命のオフスプと出会う
オフスプもはじめは友達が聞いてそれをたまたま聴いたことにより知ることになる
それから数年間はBADRELIGION以降のPUNK、俗にいう「メロコア」しか聴かなくなり、PUNK以外はクソだと思いだす(さすが十代といったところだろうかw
が、しかしそのPUNKもありとあらゆるものを聴きすぎて次第に飽きてくる
その次に聴きだしたのが、90年代のROCKだった
オアシスやブラー、レディオヘッドにウィーザーあたり
このあたりから年代やジャンルを気にしなくなりだす
そしてさらに掘り下げて聴くようになる
ビートルズやドアーズ、ツェッペリンやフロイド、キンクリにピストルズにクラッシュ、クラフトワークやその他もろもろ
ここでようやくPUNKの原点「オリジナルパンク」や「ロンドンパンク」と呼ばれていたものを聴く、PUNK以外クソだと思っていた頃になぜ聴いていなかったのか今でも不思議だ
そして、今ではマキシマム ザ ホルモンやエルレなんかも聴いている
だから自分のi podにはビートルズとホルモンが一緒に入っているという中々愉快なi podです

説明はここまでで、今回は「NIRVANA(ニルヴァーナ)]というバンドについて語りたい!
洋楽が好きな人は誰でも一度は聴いたことがあったり、実際聴いたことはなくても名前だけでも知っている人は多いはず
それぐらい、影響力があり重要なバンドでした

はい、語尾が「でした」です
つまり、とある理由により解散してしまったのです
もしNIRVANAに興味を持った人は自分で解散の理由を調べてもらいたい

NIRVANAは80年代終わり頃から活動して94年に解散します
NIRVANAは現在までオリジナルアルバムと呼ばれるものは3作出しました
1作目はインディーズ時代に、2作目と3作目からメジャーから出しました
そして、2作目の「NEVERMIND」で世界にビッグバンを起こし世界征服してしまうのです
主にNIRVANAの1stといえばこの「NEVERMIND」を指すと思います
とりあえずこのNEVERMINDの一曲目の「Smells Like Teen Spirit(スメルズ ライク ティーン スピリット」がやばすぎる
あの有名なサビ前の「Hello hello hello how low?」というフレーズ
訳すと、「ハローハローハローどのくらいひどい?」という意味です
NIRVANAはアメリカのバンドなんですけど、この歌詞は当時のアメリカを「まさに」そのまま表現したようなものだったらしいです
そして、シャウトするサビ!
たぶん、この曲のギターのイントロを聞いただけで発狂する人とかいるぐらいやばい曲です
自分は、さすがに発狂はしないけど何度聞いてもギターのイントロだけで背中がぞくぞくしますね
そして、サビでシャウト!w

曲によってはシャウトする部分もありますが、このアルバムは全体的にとても暗い感じがします
特に、VOCALのカート・コバーンの歌自体がどこか悲しく歪んだように聞こえます
今だから言えるかもしれませんが、まさに自分の未来を予想してたかのような気がしますね

他にも、パンクっぽい4曲目の「BREED」とか自分は好きだったりします

そういう、偉大な影響をあたえた一作目のおかげいやその所為でバンドは良くも悪くも180度取り巻く環境が一変してしまいます
たぶん、1stを出してからNIRVANAの様な音楽性のバンドをグランジと呼びはじめます

そして、色んなプレッシャーの中、3作目の「IN UTERO(インユーテロ)」をリリースします
これが、意外?と売れませんでした
NEVERMINDも当時としてはものすごく暗く重かったのですが、IN UTEROはさらに重く暗くごちゃごちゃしたものでした
NIRVANAを好きな人は、このIN UTEROの方が好きだったりします
自分はやっぱ1stの方が聞きやすくて好きですね
でも、IN UTEROの2曲目「SCENTLESS APRENTICE(セントレス・アプレンテス)」や4曲目の「RAPE ME」なんかは好きです
RAPE MEなんかの歌詞は、俺を犯してくれ とかですよ
こんなの日本じゃ考えられないですねw

このIN UTEROを出した後、VOCALのカート・コバーンはドラッグにのめりこんでいき、精神的な理由により入院したりします
そして、とある理由により94年にNIRVANAは解散します
この94年にGREEN DAYは名盤「DOOKIE」をリリースします
このDOOKIEというアルバムはNIRVANAの解散の理由にもなった「とある理由」を引きずっていて、歌詞が全体的に暗かったと言われています
NIRVANAが解散した後、ドラムのデイブ・グロールが「Foo Fighters(フーファイターズ)」というパンクバンドを組みます

今現在活動しているバンドにも、「NIRVANA」に影響されたというバンドは数多くいてます
NIRVANAとはそんな偉大なバンドでした

あまりうまくNIRVANAの良さは伝わらなかったかもしれないですが、もし興味を持った方はYou Tubeとかでもいいけど、是非CDを買って聞いていただきたい
そして、VOCALのカートの悲痛な叫びを感じとってほしいです

終わり

683.gif


★リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

セニドクロ

Author:セニドクロ

カテゴリ
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。